« 天神様と 全国ラーメンまつり | トップページ | 発車OK! 楽しい喫茶店 »

2010年1月27日 (水)

「ほめる力」を 見直しましょう

Mansaku01
      もうすぐ春ですよ   まんさくの花

春の訪れのお告げをしてくれる、まんさくの花。

北陸でも、ちらほら花だよりが聞かれます。
今年は、例年よりちょっと早い感じです。 
暖かい日が多かったせいでしょう。

まんさくの花が咲けば、春はもうすぐですね。

新幹線で東京へ向かったときの、 横浜か大宮あたりでしょうか。
そろそろ降りる準備をしなければ…



「ほめる力」 を見直しましょう。
 

仕事が一段落して、上司か顧客に報告したとしましょう。
相手は多くを語らず、「次も頼む」 と力強く言ってくれたとします。

思わず、「ハイッ!」
あるいは、「ヨッシャア~!」 と内心叫ぶかもしれません。

直接ほめる言葉は無くても、
「次も頼む」 で最大限にほめられたことを感じたからです。

「ほめる」ことは、相手の長所、存在をしっかり認めること。
多くの言葉はいらないのです。

1月26日 NHK「クローズアップ現代」のテーマは 「ほめる力」

「クローズアップ現代」 は時代をバランス良く理解するのに、
とても参考になります。
国谷裕子キャスターが、番組に華を添えます。

Casterimg2009_1
 「NHKの知性」  国谷裕子キャスター 

企業や家庭が、かってないほどの厳しい環境にある現代、
「ほめて、ほめられる」 ことで
働く力、生きる力の潤滑油にしていこう、ということが番組の主旨でした。

組織の風通しを良くして、働き甲斐を感じられるよう、
社員同士が「ほめる」研修が、企業に広がっているそうです。

そのことで、組織が蘇った企業もあるそうです。

他人との繋がりが薄れつつある現代では、
はっきり言葉にしなければ、相手に想いが伝わりにくくなっています。

言葉で、はっきり相手の存在を認めることが「ほめる」こと
いま一番、企業や家庭で求められているようです。

ちゃんとほめられて、悪い気のする人はいません。
言ってくれた人の、良いところを見ようとします。


ゲストは、落語家の春風亭小朝師匠

さすがベテランの落語家です。 言葉づかいに熟知しています。

面白いことを言っていました。

太った女の子に、

かわいいけど、おデブだね。
おデブだけど、かわいいね。

かわいいとほめたつもりが、相手には全く違って伝わります。
言葉が言葉を打ち消してしまうのです。

おデブだけど、かわいいね、 と言われた方が、
太った女の子は嬉しいに決まっています。

小朝師匠は言います。
相手に愛を持って接していれば、自然な言葉が出てくると。
相手もそれを感じて、きちんと言葉が伝わるのだと。

無理をしてほめると、言葉多くなってしまいます。
言葉が多いと、真実味が薄れがちになります。

ホメゴロシという言葉もありますよね。 なかなかに、ほめ方は難しいですね。

ちなみに、ブログをやってる父ちゃんにとって、
「いつも見てますよ」 が最大のほめ言葉です。 キュンとします。





富山は、本日、快晴です。

そらは、真っ青
北アルプス立山連峰がくっきり見えます。

次郎たん、父ちゃん、お庭に出ました。
ポカポカ、春のような陽気です。

2010_0127_130856img_2998

ウットリ、気持ち良さそうですね~
なぜかしら、次郎たん、ベロが出ました。

2010_0127_130525img_2994

                      dog じゃあ またね

                                                                       ブログランキング・にほんブログ村へ
                                         またのご縁 お待ちしています

|

« 天神様と 全国ラーメンまつり | トップページ | 発車OK! 楽しい喫茶店 »

コメント

次郎たん こんにちは
元気ですか~
今日は良い話題ですね。
人を褒めるのは、とても難しいです。
いつも褒められている人、逆に褒められたことの無い人
どちらも難しい…
相手のことを思って、自然に出てくる言葉が一番良い
という小朝さんの言葉がきっと正解ですね。
父ちゃん、ブログいつも見てますよ。

投稿: suzuka | 2010年1月27日 (水) 18時27分

有難うございます。 キュンときました。

むかしみたいに、言わなくても分かっている、という時代ではないのですね。
言葉(文字)のやりとりで、相手の気持ちを知る時代ですから、言葉にしないと気持ちが伝わらない。態度だけでは、ダメみたいです。みんな、感受性が落ちてきたのでしょう
褒める時も、はっきり言葉にすることが大切みたいです。
「ほめる力」は「言葉の力」です。父ちゃん、そんなふうに思いました。
国会でも、ののしり合わないで、褒め合えばいいのに…

投稿: 父ちゃん | 2010年1月27日 (水) 20時38分

いつも見てますよ。

ってなんだか怖い感じもしますね。
物陰からじっとみているような。。。
言葉ってムズカシイです。

今日はとても天気が良くて、立山連峰が綺麗でしたね。
次郎たんもゆるんでいます。
何か美味しいもの思い浮かべたのかな?

投稿: よしこ | 2010年1月27日 (水) 21時17分

母ちゃんと、大笑いしました。
もしストーカーが、いつも見てますよ、とコメントしてきたら、怖いよネ~
よしこさんのユーモアのセンスは抜群です。

今回の記事には、全国からたくさんのアクセスが有りました。いかに反響が大きい番組だったか、つくずく思います。みんな、ほめる、ほめられる、のちゃんとした人間関係を求めているのかもしれません。

投稿: 父ちゃん | 2010年1月28日 (木) 09時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266246/33139217

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほめる力」を 見直しましょう:

« 天神様と 全国ラーメンまつり | トップページ | 発車OK! 楽しい喫茶店 »