« 幸せは ここに | トップページ | 立松和平さん 有難う »

2010年2月 7日 (日)

禅のこころ

2010_0206_101732img_3109
       曹洞宗大本山 永平寺伽藍   NHKテレビ画像より

静かなブーム 「禅」 

禅が静かなブーム、と言われて久しいように思います。
ブームは廃れることなく、今も多くの人たちを惹き付けているそうです。

外国人には、日本の心に触れる切っ掛けであり、
日本人には、「宗教的素養というよりは、人としての素養を学ぶ」
と捉えられていることが、広くブームになっている下地にあると思います。

宗教オンチの父ちゃんにも、禅と言うと、一定のイメージが湧きます。
それだけ宗派を超えて、広く認知されているのでしょう。

Trd0901171801005p22
               座禅修行の若いひとたち

今見つめ直す 禅の心

6日(土曜日)に、NHKアーカイブス「今見つめ直す禅の心」を視ました。

禅は何かを学び、何かを会得するための修行ではなく、
今の自分を削ぎ落としていく修行、心身脱落と言うのだそうです。

高邁な真理は、凡庸な父ちゃんには解りようもありませんが、
どうやら、心のダイエットということでしょうか…

座禅も、そのための修行のようです。
自分が何者なのかを静かに見詰めて、
余計で無意味な心の葛藤を、削ぎ落としていくというか…

座禅を体験した人が、
爽やかな気持ちになった、というのは多分そのためでしょう。

                    ☆

番組の後半は、
永平寺の今は亡き名僧、宮崎奕保(えきほ)禅師と立松和平氏との対談でした。

日々の暮らしの中で、禅の心は生かせるということを、
禅師は、解りやすく話しておられました。

当たり前のことを、当たり前のようにする。

例えば、スリッパを揃えて、まっすぐにしておく、当たり前のことです。
それが出来ないのは、心のどこかに、未熟な歪みがあるから…

禅師のその言葉に、
父ちゃんと母ちゃん、顔を見合わせ、うな垂れました。

2010_0206_111451img_3123
永平寺 宮崎奕保禅師 当時104才
 
2010_0206_111443img_3122
作家 立松和平氏     テレビ画像より


この記事を書いた翌日 8日午後、

立松和平氏が逝去されました。 驚いています。

ご冥福を、心よりお祈りいたします。



強く印象に残った 宮崎禅師の言葉 (要約)
 


自然は立派やね。

何月何日に花が咲いた、何月何日に虫が鳴いた。

ほとんど違わない。 規則正しい。

法にかなったのが大自然だ。 法にかなっている。

だから自然の法則をまねて、人間は暮らすんだ。

法にかなって、自然は黙って実行している。

人間の欲望通りに生きていれば、人間の世は迷いの世界になってしまう。

誰かに褒められようとも思わんし、

これだけのことをしたら、これだけの報酬がもらえるということも思わん。

時節には、ちゃんと花を咲かして、褒められても 褒められんでも

務めを果たして、 黙って去っていく。

その自然の姿こそが真理だ。

その自然の姿こそが、実行ということだ。

                   ☆

まさに、禅の心ですね。

禅師の言葉は、
損得だけを、あまりにも重視してきた日本社会への警鐘でしょう。

そのように思いました。   

2010_0206_102412img_3120

愛犬が年老いてきますと、
かわいいという気持ちより、いとしいという気持ちになってきます。

犬を飼った人なら、誰もがおっしゃることです。

足腰が弱って、時折よろめいたり、
視力が落ちて、散歩で溝にはまりそうになったり…

それでも、健気に頑張って生きてる!
いとしいですね~

今夜の食事にも、何か好物をトッピングしてあげましょう。

                      dog じゃあ またね

                                                                       ブログランキング・にほんブログ村へ
                                         またのご縁 お待ちしています

|

« 幸せは ここに | トップページ | 立松和平さん 有難う »

コメント

今お片付け中です。出張が続くと本当に散らかって大変です。
片付けられないのは心にどこか未熟なところがあるから、というお言葉、痛いところを突かれました。きれいに片付くと「足るを知る」という心境になります。

投稿: のりこ | 2010年2月 8日 (月) 00時09分

足るを知る 禅の心です。 オッホンdash

体と心のダイエットで、スッキリいきましょう。
母ちゃんに、
無の境地で、5000円おこずかい頂戴と言ったら、
軽く無視されました。
母ちゃんは、まだ悟っていません。

投稿: 父ちゃん | 2010年2月 8日 (月) 09時17分

次郎たんぶろぐ復活〜〜。
あんまり無理せんと細く長く続けてくださいまし。

永平寺も一度はいってみたいなと思いつつ・・・なかなか。

どうも「セレブ」という言葉が一般化し始めた頃より
世の中全体がわがまま・・というか贅沢になったように思えます。
私自身、昔ほど我慢がきかないようになったかも・・・。
分相応に生きられるよう日々修行ですな。。。
足るを知る・・・わかっちゃいるけど
食後の甘いものはやめられません。

投稿: もりこ | 2010年2月 9日 (火) 12時30分

いつもウイットに富んだコメント ありがとうございます。
たしかに、叶姉妹(セレブ?)は、禅の心からは、縁遠いかも…
ま、ひとは分からんけど…
あまり、ひとのことは言わないようにしよう、っと。

甘い物は別腹。
他人が食べているのです。

投稿: 父ちゃん | 2010年2月10日 (水) 08時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266246/33281947

この記事へのトラックバック一覧です: 禅のこころ:

» 「NHKアーカイブス」で放映された『永平寺』」の番組 [ちあの散歩道]
6日午前放映された「NHKアーカイブス▽今見つめ直す“禅の心”」。テレビに映し出された今は亡き宮崎奕保禅師のお顔の美しさと発せられる言葉の重さに魅入りました。YouTubeでも見ることができます。(「永平寺・宮崎奕保禅師」で検索すると出ます)。これはお気に入りに入れて毎朝でも見たいです。お話されたお言葉を載せたページもあります。「NHKで放送された永平寺・宮崎奕保禅師の言葉」心が洗われるようで、気持ちがシャンと伸びました。本当に勁い人は柔らかく優しい眼差しをしているのですね。そしてわかりやすい言葉を... [続きを読む]

受信: 2010年2月12日 (金) 18時50分

« 幸せは ここに | トップページ | 立松和平さん 有難う »