« 考察 「犬の悲しみ」 | トップページ | 『遠野物語』 オシラサマ伝説 »

2010年6月11日 (金)

「はやぶさ」快挙に想うこと

小惑星探査機「はやぶさ」が、
60億Kmにも及ぶ長旅をおえて、地球に帰還します。

地球と月との距離が38万Kmですから、
「はやぶさ」は、なんとまあ遠くへ行って来たことでしょう。

「はやぶさ」が向かった先は、小惑星「イトカワ」です。
日本のロケット工学の父、糸川秀夫氏の名をとって命名された、
全長500mそこそこの、ピーナッツ形をした小天体です。

Itokawa_3

「はやぶさ」には、世界で初めての使命が与えられていました。
地表の岩石(砂)のサンプルを採取して、無事地球に帰還することです。

このサンプルリターンの技術は、
アメリカ、ロシアの宇宙開発最先端国でさえ、成していなかったことです。

実験機材を打ち上げて、現地で分析することが今までの技術でした。
サンプルを地球へ持ち帰れば、充分、徹底した研究が出来て、
宇宙の解明が飛躍的な進展します。

日本がNASAを抜いて、世界一の宇宙技術国に踊り出るきっかけ、
それが、「はやぶさ」の使命なのです。

Itokawa_hayabusa_2

世界一じゃなきゃ駄目なんですか? 二位では駄目なんですか?

このたび大臣に就任された漣舫さんの、有名な(?)セリフですが、
勇み足と言うか、ちょっと浅薄でしたね。

先端の技術を競う技術者を前に、このセリフは有り得ません
ガックリきた技術者の方も多かったことでしょう。

071019_01_2

宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)の凄い技術 

「はやぶさ」を打ち上げた
宇宙航空研究開発機構にも「事業仕分け」のメスが入りました。

継続中の事業は、ほぼ認められたようですが、
今後展開していく新たな事業には、疑問符が付いたようです。

「はやぶさ2号」を開発して、
新たな技法を研究中の、技術者の苦悩が報じられていました。

こんな見通しの無い予算付けをしているから、
優秀な技術者が海外へ逃げるのです!

                ☆

日本の宇宙開発予算は、
宇宙開発を目指す主要な諸外国に比して、一番少ないのです。

そんな少ない予算の中で、JAXAは大いに頑張っていますね。
そのことが、今回の「はやぶさ」の打ち上げで明らかになりました。

「はやぶさ」は、
60億Kmの行程で、度々、絶体絶命のピンチにみまわれました。

太陽電池のトラブル、燃料漏れ、推進エンジンの故障、……
そして極め付きは、行方不明。

その時の模様が、NHKクローズアップ現代
『傷だらけの帰還 探査機はやぶさの大航海』 で報道されました。

満身創痍の「はやぶさ」、それを懸命に支える地上のスタッフたち!
感動された視聴者の方も多かったことでしょう。

Pn2010060901000732___ci0002
軌道修正に成功し、スタッフと喜び合う川口淳一郎教授

川口淳一郎教授をはじめスタッフたちの、祈りにも似た成功への執念が、
宇宙の彼方の「はやぶさ」に伝わったかのように、復活するのです。

日本人の決して諦めない不屈の根性、工夫、緻密さ、器用さで、
世界が真似の出来ないことを成し遂げようとしています。

世界の技術者が、固唾をのんで見守っているそうです。
今月13日(日曜日)、「はやぶさ」が持ち帰ったカプセルが、
オーストラリアの大地に落下されます。 成功を祈りたいですね。

20100613dd0phj000001000p_size8
                                    (JAXA提供)

「はやぶさ」快挙に、想うこと 

食うや食わずの国民がいるのに、呑気に宇宙開発なんぞ、
と言う意見の方もいるでしょう。

でも、宇宙飛行士の山崎直子さん、野口聡一さんたちの活躍で、
気持ちが高揚し、元気、勇気を貰った国民も沢山いることでしょう。

スポーツなどもそうですが、
日本が最先端、世界一ということは理屈抜きに嬉しいことです。
みんなが、等しく元気になれるのです。
純粋な愛国心です。

将来にわたる国威のためにも、学術やスポーツなどの分野は、
しっかりした理念を持って、予算付けして欲しいものです。
もちろん人材育成を含めてです。

                ☆

「イトカワ」の砂でなければ駄目なのでしょうか?
江ノ島あたりの砂では駄目なのでしょうか?  (笑)

な~んて、まさかそんな馬鹿なことは言われないでしょうが、
この国の、技術革新の将来に不安を覚えます。

最新のニュース(11日午後)では、JAXAは、
「宇宙ヨット イカロス」の実験に成功したそうです。
宇宙でヨットの帆がきちんと開き、
世界初の快挙を、またまた成し遂げたそうです。

もはや、遠隔制御の技術は世界一ですね。
「事業仕分け」「少ない予算」にもかかわらず、
JAXAは気を吐いていますね。 頑張れ!

                   ☆

関連記事  「はやぶさ」は名犬ラッシー 
http://jirotan-nikki.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-c254.html

2010_0611_174729img_5017

不得意科目の理科系ネタでした。
父ちゃん、無理しましたね~ 
でも頑張りました。
                             dog じゃあ、またね

                            にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
                                      またのご縁、お待ちしております。

|

« 考察 「犬の悲しみ」 | トップページ | 『遠野物語』 オシラサマ伝説 »

コメント

先日帰還のニュースにでるまで、はやぶさの存在すら知りませんでしたcoldsweats02
7年の旅をしてきたはやぶさは、明日地球に帰還するみたいですね。
日本から見えるのかな?
ガンバレ!はやぶさ!


投稿: よしこ | 2010年6月12日 (土) 12時28分

すごいね~ 
はやぶさは大気圏に突入して燃え尽きるそうです。
お土産のカプセルを落としたあと…
満身創痍で使命を果たしたはやぶさを、抱きしめたいほど
愛しいと思ってるファンが沢山いるそうですよ。

投稿: 父ちゃん | 2010年6月13日 (日) 00時45分

はやぶさの話は、泣けました。数々のトラブルの中、それでも満身創痍で帰還して、カプセルを放出後、最後に地球の姿を写して、自らは塵となって消えていった・・・朝はテレビを見て泣いてしまい、会社へなかなか行けませんでした。

投稿: noriko | 2010年6月14日 (月) 10時17分

norikoさんは、感激屋だからな~
norikoさんのコメント、ブログで使わせて頂きました。
けっこう泣ける内容になっています。
思い出して、また泣いてね。 次郎

投稿: 父ちゃん | 2010年6月14日 (月) 19時20分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266246/35204170

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ」快挙に想うこと:

» はやぶさ帰還 小惑星「イトカワ」とは [トピック宅配便]
小惑星探査機「はやぶさ」が宇宙から帰ってきました。はやぶさの行先だった小惑星「イトカワ」とは、どんな小惑星だったのでしょうか。イトカワとは、地球と火星の間の軌道回る小惑星で、最も長い部分でも540メートル程度。形状は落花生のような形で、他の小惑星から分離してできたものと推測されています。アメリカが1998年に発見しましたが、はやぶさの打ち上げ後、イトカワと命名。由来は、日本初のロケ�... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 19時48分

« 考察 「犬の悲しみ」 | トップページ | 『遠野物語』 オシラサマ伝説 »