歌手・俳優

2012年2月29日 (水)

愛する人にバラの花を

   百万本のバラ 
Imagescajvs64u_2
Imagescajvs64u_3

Imagescajvs64u_4


愛する人に捧げる、バラの花・・・

NHK「SONGS」再放送(2/28)で、
とても懐かしく、『百万本のバラ』を聴きました。

加藤登紀子さんの、波乱に満ちた半生が紹介されていました。
素晴らしい、才能に溢れた歌と供に歩んできた半生です。

『百万本のバラ』が彼女の訳詞で大ヒットしたのは
1987年でした。
元歌は、旧ソヴィエト連邦(ソ連)で大流行した歌謡曲です。
j歌詞のストーリーは、実話を題材にしたのだそうです。
(なんと、ロマンチックな!)

ソ連が崩壊したのが1991年、激動の時代です。
激動の祖国を憂い、ひとときの安らぎのように、
旧ソ連の民衆に愛された歌だったのです。

そんな時代背景を想いますと、感慨深いものがあります。

愛する人に捧げる、バラの花・・・

 Rosecampaign2_2

赤いバラの花言葉は、愛情・情熱・熱烈な恋 とか・・・

父ちゃん、自慢じゃないけど、
贈ったことも無いし、貰ったこともない。(笑)
皆さんは、いかがですか?

そんな想い出はいつまでも、
きっと、心の中で褪せることがないよね。

誰です? 
父ちゃんには、そのうち菊の花束が、って言うのは・・(笑)

最期の日に、バラの花束を母ちゃんに、
子供たちにタイミングを手伝ってもらって、
「今まで、ありがとう」 と手渡すのはどうだろう・・・

そんなことを考えると、我ながら照れくさい。
なんだか、いかにもテレビ・ドラマ的だよね。(笑)

                 ☆

 《 近況 》

このところ数日間、体温が36度代で上がったり下がったり、
インフルエンザを疑いましたが、そうではないようです。

風邪をこじらせたのかも・・・
近くのクリニックで点滴を受けて、今は落ち着いています。

せっかく先月の脳の画像診断で、
癌細胞の活動が安定いると喜んでいたのです。

「桜の季節を楽しめますよ」、
と医師に太鼓判を押されたのです。

早く体調を整えて、春の日を待ちたいです。

                  ☆

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

なぜか、涙が溢れて・・・

Hokkaido3_34_2
            遥か 知床連山

佳い歌を聴きました♪

永年憧れてきた、知床半島の旅を歌った歌でした。

聴き慣れた森繁や加藤登紀子の『知床旅情』とは
趣きのすっかり違った、優しい歌でした。

世界遺産で脚光を浴びる北海道・知床半島ですが、
父ちゃんの青春時代、1960年代、
知床は、概ね未だ北の涯の未知の土地でした。

流行歌『知床旅情』が歌い継がれて広く周知され、
いつしか知床半島は、、
山と旅を愛する若者たちの憧れの地になっていきました。

岩尾別は、最北端の宿です。
青春の頃から憧れ続け、結局出かける機会の無いままに、
心ならずも病んで、すっかり老いてしまいました。

『岩尾別旅情』 佳い歌を聴きました♪

こんなに素敵な歌があっただなんて!

                 ☆

 B0009eozsk_09__scmzzzzzzz_
          さとう宗幸

     11  岩尾別旅情 / さとう宗幸

※ 画像処理が素晴らしく、投稿者の方の感性に脱帽です。
   転載させていただき、ありがとうございました。

                 ☆

なぜか、涙が溢れて・・・

さとう宗幸の優しく、淀みの無い美しい歌声のせいでしょうか、
青春の日々の思い出の断片が、幾つもよみがえり、
なぜか込み上げるように、涙が溢れてきました。

掛けがいの無い、私の青春の日々よ。

語り合った友の顔が、一人一人思い浮んできます。
みんな、健やかでいるのだろうか・・・

このごろ音楽に癒されることが多いのです。

                 ☆

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

福山雅治 『家族になろうよ』

Images_2

東日本大震災が凄まじい犠牲を払って、
私たち日本人に教えてくれたこと。

それは、いのちと絆のたいせつさ
それに尽きるでしょう。

絆って、人のいのちを思い遣る「優しさ」の繋がり。

豊かさの中で、
ともすれば忘れかけていた絆のたいせつさを、
日本人は取り戻そうとしています。

そしてその想いは、
私たち日本人の生き方を変えようとしています。

               ☆

ひとは、独りでは生きていけない

そんな想いが込められた歌が、いま話題になっています。

8/22 CMソングに登場するや俄然注目を集め、
CD発売前なのに、
ネットにアクセス(ダウンロード)が殺到しているようです。

その歌は、福山雅治が歌う『家族になろうよ』
家族こそが、絆社会の原点ですよね。

 41cbmtynhl__sl160__2 

 11 家族になろうよ/福山雅治

               ☆

福山雅治の歌声は、優しさに溢れています。
家族を大切にしたい・・・ごくごく普通の心情ですね。

恋する同志が結婚して、出来れば子供を成して、
特別な人生でなくてもいい。
平穏な日々を幸せと想い、

子供たちの成長を見届けながら日々を重ね、
ともにいつしか、静かに老いてゆく・・・

それが家族になるということ。 幸せということ。

それが出来る日本であってほしい・・・
大震災で、はかり知れない犠牲をはらった国だからこそ、
そんな優しい国を目指してほしい。

そう思うのは、私だけでしょうか。

               ☆

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

夢をあきらめないで

2011_0816_122946img_8660
 支えてくれる妻子たち。  名古屋へ帰る長女(右)を見送って。
 
次女(左)は前回記事の、ある方のコメントで、
美人ですね、と生まれて初めて褒められて、
すっかりその気になって、
一番いい服(一張羅)を着て、すましています。(笑)


お盆が終わって・・・

家族みんなが集って、お墓参りで心を洗って、
ご馳走を食べながら、ワイワイ想い出を語り合って、

やっぱりお盆は、日本人の大切な風習・・・
いつになっても、人生の一里塚だね。

ヨシ、来年のお盆までしっかり生きましょう。

今年のお盆は、
父ちゃんが病気で、イマイチ冴えなかったけど、
新盆で次郎たんも帰ってきて、賑やかだったな~

とっても楽しい日々でした。
いっぱい、次郎たんの想い出話をしました。

2010_0102_131118img_2203_3

次郎たん、いっぱい遊びましたか?

               ☆

『夢をあきらめないで』 

お盆には、NHKなど恒例の懐かしい歌のステージ。
流行歌は、適格にその時代を呼び起こしてくれます。

幸せだった日々が、蘇ったりします。

歌のちからですね。
今年の懐かしい歌のステージの出色の曲は、

1987年発売の、岡村孝子『夢をあきらめないで』
2001年に再リリースされ、
今年8月にリメイクされて再配信されるなど、

歌い継がれる、マンモス・ヒット曲です。
お盆の歌のステージ放送後には、
動画サイトに、たちまち数百万のアクセスがあったとか。

何故これほどに、今、人々の心を捉えるのでしょう。

 11  夢をあきらめないで/岡村孝子

東日本大震災、福島原発事故、政治への大いなる失望、
そんな混沌とした日本社会で、

健気に立ち上って、頑張る人たちへ、
夢をあきらめないで!と歌う、ピュアな歌声が、
しっかりと、真っ直ぐに心に届くのでしょう。

都会で独り頑張っている、我が家の長女なども、
この歌を聴いて、涙が止まらなかったと言っていました。

歌に癒されることが多いですよね。
日本には、素晴らしい才能の歌手や創り手がいますね。

日本文化の奥行きの深さでしょう。
これからも素晴らしい歌の登場を、心待ちにしています。

父ちゃんたちの年代としては、
日本人ならではの情念を歌いあげる『演歌』の衰退が、
ちょっと寂しいよな~

               ☆

日本の未来は、なんだか暗雲が漂っているようだけど、
辛いことも、いっぱい起きそうだけど、

どうか、どうか、夢をあきらめないで!

                ☆

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

実に くだらないネタ話

夜が更けて ・・・

眠れないままに、
真夜中に相応(ふさわ)しい、ギター曲でも聴きながら、

とりとめもない、おしゃべりにお付き合いいただければ・・・
どうしようもないほど、くだらないネタ話ですが。(笑)

11 夜霧のしのび逢い / クロード・チアリ

             ☆

小指の想い出 

入院中、毎日ベットに横たわっていますと、
詰まらない思い出が、フッと過(よぎ)ることがありました。

誰かが採血されていて、看護師さんに、
「小指まで、しっかり握ってください」と言われたりしますと、

父ちゃん、早速茶化すのです。
あなたが噛んだ小指が痛い~♪

「オレ、その歌知ってるよ」と、75才の元消防隊長。
仲良しの別の同室の患者も加わって、

あなたが噛んだ小指が痛い~♪
70才前後の爺さんの合唱となりました。

若い看護師さん大笑いして、笑いが止まらなくて、
「もう、ちゃんと採血できないから、止めて!」

             ☆

 13750978_o1

あなたが噛んだ小指が痛い~♪

伊東ゆかりさんの『小指の想い出』が大ヒットしたのは、
1967年、もう40年以上もむかしのことです。

父ちゃん学校を終えて、まだ間もないころでした。
稚拙でしたが、それなりに女性とのお付き合いもありました。

女性が痛がるほどに小指を噛む、なんて
そんな愛情表現が、とても理解出来ませんでした。

きっと、特別な趣味の男の歌なんだ。(笑)
当時、そんな感想でした。

             ☆

ぼくの小指を、口にくわえて~♪

退院してから、ベッドにくつろぎながら、
ラジオのリクエスト番組を聴いていますと、

ぼくの小指を、口にくわえて~
涙ぐんでた、きみよ~♪

『きみは心の妻だから』という、むかしの流行歌です。

父ちゃん、ハッとしまして、
小指を噛むんじゃなくて、くわえることもあるのか!

くわえるんだったら、痛くないな。

父ちゃん、この年になるまで、
母ちゃんとの付き合いも結構長いけど、
小指をくわえられたことは無いよな~ (笑)

 Mas_kimiwakokorono
   1969年のヒット曲です。

             ☆

母ちゃんに、そんな小指の話をしますと、
またクダラナイことを、というような顔をして、

あのね、小指って、
鼻クソや耳をホジホジするの。
そんなもの、いきなりくわえられないわよ!

よく手を洗ってから、ということか。

あんまりロマンチックじゃないよな~
でも、たしかにそうだよね。
所詮は歌の世界だね。

ところで皆さんは、好きな人の小指を、
噛んだり、くわえたことがありますか? (笑)

             ☆

どうしようもない、くだらないネタ話でゴメンナサイ。

夜は、深々と更けていきます。

             ☆

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

今こそ、夜明けのうた

こんなにも、素敵な歌がありました

  夜明けのうたよ
  あたしの心の きのうの悲しみ

  流しておくれ

  夜明けのうたよ
  あたしの心に 若い力を
  満たしておくれ ・・・

歌っているのは、シャンソン歌手の岸洋子さん。

人生の哀歓を、圧倒的な歌唱力で歌いあげ、
才能の豊かさ、『聴かせろ歌手』の名声を得ながら、

発病(膠原病)、再起をくりかえし、不屈の精神で
『希望』などの名曲を沢山残して、

シャンンソン歌手としてはこれからという57才の若さで、
永年苦しめられてきた膠原病が原因で、
1992年、惜しまれつつこの世を去りました。

『夜明けのうた』は、
真実、岸洋子さんの魂の叫びだったのです。


今こそ、夜明けのうた

人生の転機で悩める人たち、苦しむ人たちへ。
(父ちゃんも、父ちゃんの可愛い次女も)

そして、なによりも東日本災害で、
立ち上った被災者の人たちへ。

今こそ、『夜明けのうた』
やがて必ずやってくる、眩しい夜明け!

  夜明けのうたよ
  あたしの心の あふれる想いを
  わかっておくれ

  夜明けのうたよ
  あたしの心に 大きな望みを
  だかせておくれ

  ・・・・・

  夜明けのうたよ
  あたしの心に 想い出させる
  ふるさとの空


最後の一節では、
東日本災害、原発災害の被災者の方々の心情を想い、
胸に浸み入りました。

             ☆

Imagescahp6z5y
       ふるさと富山・立山連峰の夜明け

             ☆

明けない夜は無い、と言いますよね。
『希望』こそが、人生の夜明けの扉を開いてくれます。

どうか、『希望』を忘れないで! 

             ☆             

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

月の砂漠を~♪

1

ひとり、眠れぬままに・・・

連休で、病院からの一時帰宅が許されて、
長女が名古屋から帰省、次女も近隣の婚家から遊びに来て、
久し振りに家族が揃って、くつろぎました。

ワイワイやった後、父ちゃんだけが眠れぬまま庭に出ると、
深夜、中天に煌々とした満月が・・・

しばらく庭石に腰を下ろして、ぼんやりと満月を見ていました。

♪ 月の砂漠を~ はるばると~
  旅のらくだが~ 行きました~♪

いつも口ずさんでいた童謡です。

抗癌治療のために声がしゃがれていて、歌になりません。
ああ、情けないよな~
もう少ししたら、きっと良くなるらしいのですが。

               ☆

月の砂漠 は凄いですね。
童謡でありながら、日本の名曲100撰に選ばれ続けています。

古くは森繁久彌、石原裕次郎に始まって、
実に多くの歌手や演奏家がレパートリーにしています。

どれも情感豊かで素敵です。
これほど色褪せることのない美しさも無いでしょうね。

父ちゃん大好きな井上陽水も 歌っています。 

歌い出しから、陽水ワールド全開でしょうか。

聴いているうちに、
井上陽水という歌手の、心根の優しさに思い当たります。

               ☆

001

11  井上陽水 月の砂漠

               ☆


今日は、父ちゃんの誕生日

大病の中で迎えた誕生日。
一年間頑張って生きて来られたことの節目だよね。

さあ、来年のこの日まで!

子供たちが、ポーターのリュックを贈ってくれました。
早く良くなって、街や野山を闊歩して欲しいのだそうです。

ありがとうネ

2011_0718_083901img_8561
       なんだか、心が躍るよな~


※ コメントへのお礼
 

こころ温まるコメント、オチャメなコメント・・・
皆さんに励まされて、どんなにか元気になれることでしょう!

病床で携帯で、何度も何度も読んでいます。

このごろドクターや看護師さんと握手をすることが多く、
握手って良いですね。 心がしっかり伝わりますね。

温かいコメントで励ましてくださる方々と、
「ありがとう」と握手出来たら、どんなに素敵なことか!

もうしばらくしたら、
退院して通院の治療に変わる予定です。

そうなったら、PCに向かう時間も充分とれて、
きっとご返事出来るようになることでしょう。

その日が来るまで、
コメントのご返事が無いこと、お許し下さいね。

今日の夕方に病院に戻ります。
また、一週間の闘いです。

               ☆

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

徳永英明の実力

2011_0511_231531img_8228

   被災地への想いを込めて、『翼をください』を熱唱

2011_0511_231648img_8233
                   (5/11 NHK・SONGS画像より)


もう一年ほども前になりますが、
 

NHK・SONGSに登場した徳永英明の印象をまとめて、
「翳り」徳永英明の魅力、という記事を書きました。

彼自身と彼が歌う歌の中に、屈折した翳りがあって、
それが奥行きの深さになって、人の心に優しく届くのだ、
というような内容でした。

当時、検索サイトを通して沢山のアクセスを頂きました。
(今も絶えることがなく、忘れられない記事になっています。)

あれ以来、徳永英明の歌を耳にしますと、
特別な思い入れで聴いてしまいます。

昨夜(5/11)のSONGSで、
一年振りに徳永英明の画像を見ました。

甘くて優しい歌声に変わりはありませんが、
抱いていた印象と違い、スケールの大きさを感じて驚きました。

凄い歌手になりましたね。

2011_0511_230933img_8221
              『Rainy Blue』 を歌う

20年以上前に、徳永が自ら作曲してデビューを果たした
Rainy Blue(レイニーブルー)を聴いて痺れました。

デビュート当時の苦節の映像が、背景に流されていたことも、
感慨を深くしたのでしょうね。

彼自身、一際、想いを込めていたのではないでしょうか。
徳永英明という歌手の実力を思いました。

素敵な曲でした。

               ☆

2011_0511_230635img_8217  2011_0511_231914img_8235

                 (NHKテレビ画像より)

2011_0511_230321img_8210


徳永英明の
苦節時代(原点)の貴重な映像です。

『Rainy Blue』でデビューを果たし、夢を叶えた後、
彼は病気になって、歌手人生に空白が出来てしまいます。

挫折は、ときに人を磨きますね。
もともと、感性と歌唱力に秀でていました。

決してあきらめなかった歌手への道 ・・・
今日の栄達に至るまでの、壮絶さが窺(うかが)えます。

そんな人生経験が「翳り」となって、
彼の人間性と歌に、奥行きを感じさせるのでしょう。

優しい歌声なのに、
人の心に強く届くのは、きっとそのせいだと思います。

               ☆

2011_0511_232311img_8242


5/11SONGSで歌った歌は、
 

なごり雪
伊勢正三が作詞・作曲した、かぐや姫の楽曲。
1975年にイルカがカバーし、大ヒットを記録。
「VOCALIST2」に収録。

LOVE LOVE LOVE
1995年にリリースされ、大ヒットした
DREAMS COME TRUEの代表作。
「VOCALIST」に収録。

レイニー ブルー
1986年1月21日に発表。
アーティストにとっての記念すべき
デビュー曲。

翼をください
フォークグループ「赤い鳥」が1971年に発表。
教科書にも採用され、学校教育の現場でも
歌われるなど合唱曲として幅広い世代に知られる。
「VOCALIST」に収録。

黄昏を止めて
今年4月に発表した最新シングル。
原曲はデビュー前に作った「心の中はバラード」。
今回、25周年を迎えた今だからこそ歌える歌詞
とメロディに書き換えて、リメイクした。


5/18 AM1;30~ (17日深夜) 再放送がありますよ。

               ☆

2011_0511_231951img_8237
             きしかたを振り返る

今年、徳永英明はデビュー25周年を迎えたそうです。

SONGSの中で、彼の歌手人生の原点ともいえる
苦節時代の思い出が語られていました。

闘病時代の思い出には、胸打たれるものがありました。

歌った歌は、どれもイメージの拡がりに磨きがかかっていて、
歌の実力は、聞き惚れるほど素敵でしたが、
それよりも、一人の人間の生き様に感激しました。

ますます、輝いていって欲しいですね。

               ☆

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

『シルエットロマンス』 の想い出

11_2  大橋純子 『シルエットロマンス』



歌にまつわる思い出は、
結構有るものですよね。

今でも、時折ラジオのリクエスト番組などで、
大橋純子や来生たかおの『シルエットロマンス』が流れてきますと、
ちょっと コッ恥ずかしい思い出が蘇ってくるのです。

もう 6、7年前でしょうか,
ラジオで大橋純子のこの曲を聴いたときに、
「なんて良い曲だろう!」と、深く感じ入ってしまったのです。

早速ツタヤでCDを借りてきまして、繰り返し聴きました。
尋常じゃないほどに、入れ込んでしまったわけです。
(父ちゃんにすれば、そう珍しいことではないのですが・・・)

20年以上も歌われ続けてきた曲ですから、
それまでにも、何度か耳にしていたはずですのに、
何故あの時、この曲にそれほど感激したのか・・・

音楽の良し悪しの印象というのは、
その時その時の、心境に左右されるのでしょうね。

 4988021822343_2

口ずさんでみると、実に難しいのです。
メロディが平坦でなく、息継ぎも容易でありません。

ひとつ凝りだすと止まらなくなる癖で、
何とか歌いこなしてやろうと、朝夕無く猛練習しました。(呆)
小節ごとに、CDで何度も確認して。

♪ 恋する女は 夢見たがり」の~~

動機は、こんな歌を歌いこなせたら、カッコ良いよな~
誰にも、爺さんって呼ばせないぞ、でした。

もともと歌は好きで、
井上陽水の歌なんかは、そうやって覚えていたのです。

母ちゃんにすれば、「また始まったか」だったでしょうね。

その頃は愛犬の次郎たんも健在でしたから、
次郎たんとの散歩の途中でも、よく歌っていました。

近所の奥さん方が立ち話している横を、
♪ もっとロマンス、私に仕掛けてきて~~ (みんな、唖然)

ネッ、父ちゃんが近所で変人と呼ばれてる訳、分かるでしょ?
(自分で言ってりゃ、世話は無いですよね)

                ☆

一応、つっかえずに歌えるようになりまして、 
成果を、誰かに聞いて貰いたくなったわけです。

兄ちゃん(長男)だと、「ヒマ人」とバカにされそうですし、
次女だと、ダンナさんの手前恥ずかしいし、
そこで頼みの綱は、名古屋の姉ちゃん(長女)でした。

電話で事情を話して、「聞いてくれる?」と言うと、
「いいわよ」と言う。

そこで、意を決して電話に向かって歌ったのです。
♪ あなたに、恋模様染められて~~

歌っているうちに、だんだん恥ずかしくなってきて、
オレはいったい、娘相手に何をやってるんだろう・・・
歌っている声が、だんだん小さくなっていきました。

母ちゃんも次郎たんも、呆れて見ていたことでしょうね。

それでも、自責の念にかられながらも歌い終わると、
「父ちゃん凄い。 難しい歌、よく歌えたね」
と言ってくれました。 嬉しかったな~

『シルエットロマンス』は、今では父ちゃんのオハコです。

この歌を聴くと、いっしょに口ずさみながら、
遠く名古屋の地で頑張っている姉ちゃんを思い出すのです。

時折フッと思い出す、
歌にまつわる コッ恥ずかしい想い出でした。

                ☆

                ☆

ありし日の、懐かしい次郎たん  

2010_0324_183653img_3821

2009_0920_133941img_0373
次郎たんと母ちゃんと三人で、よくお出かけしたな~

                      ☆ 

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

スーちゃん逝去に想う

Middle_1229818302_2  Images
         キャンディーズ           田中好子さん


かって一世を風靡した『キャンディーズ』
 

人気アイドル・グループ 『キャンディーズ』 のメンバーで、
スーちゃんの愛称で親しまれた田中好子さんの逝去が、
最近大きなニュースになりました。

戦後の一つの時代を、象徴する存在だったからでしょうね。

『キャンディーズ』が活躍していたあの頃、1970年代、
日本はずいぶんと元気がありました。
今から想えば、眩しいくらいに輝いていた時代でした。

溌剌とした可愛い歌声が、
懐かしさとともに、昨日のことのように思い出されます。

田中好子さん、享年は55才だったそうです。

あの可愛い『キャンディーズ』のメンバーが、
既に55才になっていたいたとは、つくづく時の流れを感じますが、
それにししても、55才とはなんと若過ぎる逝去でしょう!

久しく、乳がんを患っていらしたのだそうです。

重篤な病気と闘いながら、おくびにも出さず
第一線で女優業を続けて来られた健気さに、胸を打たれます。

若すぎる逝去に、ご本人は無論のこと、
ご親族、周囲・ファンの方々の無念は如何ばかりでしょうね。

心より哀悼の意を捧げるものです。

                  ☆

5
      ほほ笑む田中好子さんの遺影に手を合わせ
      焼香を終えた伊藤蘭さん(右)と藤村美樹さん。

      田中好子さんの人生を締めくくる祭壇が、
      最後の『キャンディーズ』のステージとなったのです。

                  ☆

蘇る、青春の日々 

田中好子さんの告別式には、
2400人を超えるファンが集ったそうです。

白髪まじりの、中高年の男性も少なくなかったようです。
皆さん、『キャンディーズ』と青春を共有した人たちなのでしょう。
皆さん、すっかり分別盛りの年令になっているようです。

テレビ報道を見ていましたら、
目を潤ませながら、「ありがとう」の言葉を口にしていました。

蘇る青春の日々、良いですね~
青春の日の思い出を愛おしく、大切にしているのですね。

ファン層の方々とは、一周りも年代の違う父ちゃんですが、
青春の日々を愛おしむ気持ちに、とても共感できました。

思わず、ホロっとしてしまいましたよ。

Ent11042601280000p1


逝去によって、
一つの時代の有り様が蘇る、
ファンにすれば、夢中になっていた若い日々が蘇る・・・

これこそが、大スターの証しなのでしょう。

田中好子さんのことは多くを知りませんが、
いかにも人柄が良く、優しそうな印象ですね。
沢山のファンに愛された理由がよくわかります。

夫の小達一雄さん(56)が挨拶で語っていました。

女優・田中好子の第1章は、残念ながら終わったけど、
本人は女優を続けたいと切望していた。
なんとか、第2章をスタートさせてあげたい。・・・

スーちゃんは、今後もファンの心の中で生き続けるのでしょう。
どんな第2章になるのでしょうね。

※ ちなみに、NHKはじめ民放各局で、
  追悼番組が企画されているそうですよ。

755

                  ☆

                  ☆

余談ですが・・・ 

『キャディーズ』のファン層が
只今、40才代後半から50才代になっているとしたら、
60才代の父ちゃん、母ちゃんの子供時代はどうだったかな~

普段思い出しもしない話題を茶飲み話に
二人して、昔を色々と思い出していましたら、
何たって当時の大スターは、松島トモ子さんで一致しました。

 62


松島トモ子さん、可愛いかったよな~

雑誌一冊が丸々特集だった、ってこともあったようです。
当時は、テレビの出始めの頃でもありました。

彼女がテレビに登場して、アップのカメラ目線の時などは、
父ちゃん、自分が見詰められたような気になって、
耳たぶと頬を真っ赤にしていたものでした。 (中学の頃)

みんなに、からかわれたよな~
まさに、父ちゃん世代の青春時代の始まりでした。

松島トモ子さん、
その後ライオンに齧(かじ)られたりしたようですが、
只今65才で、お元気なご様子です。

我々世代の青春のシンボルとして、
いつまでも、お元気でいてくださいね。

田中好子さんのお陰でしょうか、 
思いがけない思い出話に、花が咲いたのでした。

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (8) | トラックバック (0)