時の人

2011年11月18日 (金)

為政者は、幸福を映すカガミ

111116bhutan6_2

       笑顔の絶えないブータン国王夫妻  

Main10g20111117ttt0700085g3_3 

ヒマラヤの小国ブータンの国王夫妻が来日しました。

『国民総幸福GNH』を国是に掲げる、若きワンチュク国王。
絶えることのない優しい笑顔で寄りそうジェツン王妃。

国会での演説で、東日本大震災に触れ、

いかなる国民も、このような不幸を経験すべきではありません。
しかし仮に、このような大きな不幸から
強く立ち上がることが出来る国が、世界に一つあるとすれば、
それは日本と日本国民だと確信しています、と強調して、

これからも平和と安定、調和を享受されますように、
と締めくくって、日本にエールを送りました。

被災者救援施策、復興施策の稚拙で、
前途に希望を見失い、何人もの自殺者まで出ている現実に

国王の演説を耳にした、この国の政治家たちよ、 
恥じるがよい!

                  ☆

64
          ブータンの幸福な人々   

ブータンの国策は、「足るを知る」という仏教的価値を重んじ、
経済の成長のみが、決して幸福をもたらすものではない、
精神的な豊かさこそが大切いうことでしょうか。

教育・医療は無料で、国内へのたばこ持ち込みは禁止です。

経済の成長GDPのみを追求してきた世界で、今、
倒産・失業、生活破壊・格差闘争の嵐が吹き荒れています。
愚策『構造改革』以来の日本も、決して例外ではありません。

信用不安・国家破綻の危機に追い詰められる国もあります。
そんな国民が、幸福であるはずがありません。

国民の本当の幸福とはなにか。
国民と絶えず対話して、追及していくことが、
ワンチュク国王の熱い想いなのです。

我々日本人も、学ぶところ多々有るのではないでしょうか。
若き国王は、慶応大学の講演で学生たちに語っています。

我々の世代で、
真の発展とは何かを考えねばなりません。・・・

                  ☆

それにしても、爽やかで穏やかで、美しいですね~
テレビ画面で拝見しているだけで、心が和みます。

ブータンという国の幸福度が偲ばれます。

為政者の顔は、その国民の幸福度を映すカガミです。、
さて、われらが日本の為政者はどうでしょう?

                  ☆

↓この国の為政者の一部です↓

彼等は、この国の「幸福度」を映すカガミですネ。

彼等を見て皆さんは、「幸福」を実感なさいますか?(笑)

Noda_yoshihiko 1s7v3jgo 

Stt0806252158003p4  Imagescaclk39z 

             トホホ・・・

                      ☆

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

安藤美姫さんに感激!

Ent11050211360002p2  453
              おめでとう! 輝きましたね


安藤美姫さん、再び世界女王に!
 

モスクワで開催されたフィギュアスケート世界選手権大会で、
安藤美姫さんが、並みいるライバルを押さえて優勝しました。

2007年に次いで、二度目の世界女王の座です。

最初の世界制覇以降、しばらく低迷していたことを思えば、
不屈の精神、見事な復活と言うほかありませんね。

「4回転時代」に突入したと言われる男子の高レベルに比して、
女子は、難易度で停滞していると言われているようです。

フィギュアスケートは大好きで、よく観戦するのですが、
技術的な難易度などは、素人目にはさっぱり分かりません。
(転んだらダメ、ぐらいは分かります)

回転だって、「アクセル」とか「ルッツ」とか「サルコウ」とか・・・
まあ、この際そんなことはドッチャでもいいことでして。

流れるように優美で、情感豊かであれば、
回転が何回転であろうと、父ちゃんは拍手喝采を送っています。
(案外点数が低かったりして、ビックリすることがあります)

安藤美姫さんの演技、堂々として良かったですね~
観ていて、吸い込まれていきそうでした。

表現力では、群を抜いていたのでは?

圧倒的に情感豊かで、「大人の女性」を感じました。
きっと感性豊かな人なのでしょうね。

文句無しに、世界女王です。

521

                   ☆

被災者に贈る、『鎮魂歌』 

優勝を決めた後のエキシビションで、
安藤美姫さんは、東日本大震災の被災者への思いを込め
モーツァルトの『レクイエム(鎮魂曲)』を舞いました。

安藤さんが、心を込めて日本に向けて選んだ曲でした。

冒頭から氷上に身を横たえ、荘厳な調べが始まると、
祈りを表現するために力強く舞いました。

圧巻でした。
魂(たましい)の舞と言ってもいいのでしょう。
安藤美姫さんの両眼に、涙が光っていました。

会場は総立ち。 いつまでも鳴り止まぬ拍手の嵐。
それは、スポーツ観戦の領域を超えた感動のようでした。

スポーツの真の力を感じます。
心から、安藤美姫さんを讃えたいと思いました。

                   ☆

Z20110501gz0jpg000340006000


戦いが終わって、安藤美姫さんのメッセージ
 

(今回の)メダルには特別の意味がある。
誰かのために戦うことの尊さと、力強さを知った。
(誰かとは、日本の被災者のことでしょう)

07年の(金メダル)より大切にしたい。

                   ☆

約1年ぶり復帰の金妍児(キム・ヨナ)さんは調整が遅れ、
昨季覇者の浅田真央さんは不振を脱せなかったようです。

勝負は常に相対的な力関係で決まります。

揺るぎない表現力と安定度をよりどころにした
安藤美姫さんの優勝は、必然の結果だったのかもしれません。

                   ☆ 

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

「佑ちゃ~ん」で平和です

Photo
    キャンプ地沖縄の空港、「キャー!」 もはやパニック状態

20110202k0000m050073000p_size5  20110131k0000m050036000p_size4
   ファンは圧倒的に女性たち        斎藤佑ちゃん


今日もどこかで、「佑ちゃ~ん!」

プロ野球日ハムの新人、斎藤佑樹選手、
いやはや、物凄い人気ですね。 

行くところ、行くところ、群がるファンの群れ。
それも圧倒的に多いのが、妙齢(?)の女性たち。

「キャー!」 「佑ちゃん、こっち向いてェ~~heart

お供の幼児たちまでも、声を揃えて「佑ちゃ~ん!」
多摩川べりでの、「タマちゃ~ん!」を思い出しました。(笑)

今日の民放のニュース番組も、トップは斎藤選手の動向で、
九州・新燃岳の噴火災害や北陸の豪雪被害は二の次、
小沢問題など国会関連は最後で、付け足し?

この国の人たち、ちょっと騒ぎ過ぎじゃないのかな~

それにしても、行動を共にしている他の選手たち、
例えばダルとか・・ (ダルメシアンじゃありません、念のため)
いくらプロと割り切っていても、やっぱり面白くないのでは?

ご同情いたします。(笑)

 Tama_s_2  Dalmatian_2
      タマちゃ~んheart


氷川きよし、ヨン様と共通のファン層?

斎藤佑樹選手に群がる女性たちは、
幼児から70才代と思しき年令層まで、実に幅広いようですが、
中でも目立っているのが、40才代、50才代の中年層ですね。

どうやら、野球とはあんまり縁が無さそうな・・・

各種メディアの解説に寄りますと、この中年のファン層は、
氷川きよし、ペ・ヨンジュンのファン層とダブルのだそうです。
(決して、全てがそうでは無いのでしょうけど)

確かに氷川きよし、ヨン様のファン動員力は凄いですものね。
その一大勢力が今、佑ちゃんに殺到しているらしいのです。(笑)

Imgf8a2c077zik9zj  Images
      きよし~heart             ヨン様~heart

Imagescalhcxm2     2009_0928_102206img_0585
     佑ちゃ~んheart

この三人に共通しているものは、何でしょうね。
シゲシゲと写真を見詰めてみましたが・・ 今いち解りません。

多分、中年女性の胸に 「キュン」 とくるものが有るのでしょう。
「キュン」には理屈は要りませんものね。

さてさて、その「キュン」が、
直接行動に結び付く、女性たちのバイタリティーには驚きます。

しかも佑ちゃんフィーバーで、経済効果が数十億円とか。
この国は、いま女性たちが元気なのです。

ウーマンミクス(女性の経済力)と呼ばれる所以ですね。
もはや無視出来ない一大勢力ではあります。

もう一人、ファン層がダブっていそうな人がいましたっけ。

自民党の小泉進次郎なんか、この勢力を取り込んで居ますネ。
賢いな~ (笑)  やっぱり女性は 「キュン」 とするのかな~?
彼の演説会場には、元気な中年女性が群がっています。

Koizumishi
     進ちゃ~んheart

                  ☆

それにしても男性たちは、この頃なんかショボイです。
女性たちの元気を見習いましょう。

中年のオッサンたちだって、
若いタレントや可愛いスポーツ選手に群がって、
「〇△ちゃ~ん heart」 と叫ぶぐらいの元気が欲しいものです。(笑)


日本は平和ですネ~

連日、エジプトの民衆デモの様子が報道されていますよね。

長引く不況と格差の拡大に、
若者を中心に多くの民衆が立ち上ったのです。

日本だって、現況は似たようなものです。

国の財政は破綻寸前で、格差は広がり、
将来に希望を見いだせない若者が急増しています。

本来なら、暴動の一つも有って不思議ではないのに、
国民は老いも若きも政治にシラケて、冷めた目で見ているだけ。
何なのでしょうね、この違いは。

2010120908

   ↑↓ 同じように人々が集っていますが・・

2011013000000016maip0005view

国民性の違いも有るのでしょうが、ちょっと考えさせられます。

経済的な成熟度の違いも有るのでしょうね。
じっと自分の生活を守って、生活に楽しみを見いだして
淡々と国の行く末を眺めてる?

日本人ならではの知恵なのでしょう。

そのうち「佑ちゃ~ん!」「きよし~!」のバイタリティーが、
政治に鉄槌を食らわすバイタリティーにならないように、
政治家諸氏は心すべきでしょう、 (笑)

佑ちゃんフィーバーで、 
「日本は平和で良いナ~」 としみじみ想ったのであります。

                  ☆

                  ☆

父ちゃんも、若いころはモテたの?

2011_0201_144831img_7776

dog 父ちゃんも、若いころはモテたの?

そりゃ~、モテたさ。
母ちゃんなんて、結婚して下さいってひれ伏したもんだよ。

dog ウソくさいな~  (バレたか、ガックシ)

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

「スリムクラブ」に大笑い

Photo
            人気沸騰! スリムクラブ

新しいお笑いの才能が、また一つ登場しましたね。

年末の『M-1グランプリ』決勝戦でのスリムクラブ、
面白かったですね~ 衝撃的ですらありました。

何はともあれ、
まだご覧になっていない方は、お暇なら是非どうぞ。
(4分間ほどです

Youtube_3  《M-1グランプリ決勝 スリムクラブ》 
http://www.dailymotion.com/video/xge2ni_yy-yyyyyy_fun#from=embed


「なんとかならんかネ~」
 

今回のスリムクラブ漫才のサビをちょっと解説。(笑)

浮世離れしたトンチンカンな弔問客とのやりとりに、
葬儀受け付けの男は、「なんとかならんかネ~」 とボヤキます。

トンチンカンな弔問客はひと間考えて、「民主党ですかァ~?」
妙に説得力があって、聴衆は大爆笑。

聴衆の誰もが、
民主党のスッタモンダにあきれて、小馬鹿にしているわけで、
スリムクラブの漫才は、その気持ちをくすぐったのですね。

実に上手い着想です。(笑)

民主党のスッタモンダは今後も続いていくでしょうし、
小馬鹿にする様なシチュエーションも、色々と変化に富むでしょう。

「なんとかならんかネ~」で、
聴衆はその都度、「言うぞ、言うぞ」と期待して、
「民主党ですかァ~」で爆笑、留飲を下げるわけです。

まあ、民主党が現状維持の間は、このネタはもつでしょう。

スリムクラブの漫才というよりも、民主党と組んだ三人のコントですね。
民主党が可笑しく無くなったら、お終いです。 (笑)

                     ☆

M1

スリムクラブよ、長生きしてね。

若手漫才コンビが才能を認められて人気が出ると、
バラエティー番組やワイドショーなどに、やたら出演するようになります。

稼げる時に稼ごうという、
プロダクションやテレビ局の思惑なのでしょう。
大概の漫才コンビは、それでスポイルされてしまうようです。

バラエティー番組では、素(す)の人間が出てしまいます。
案外つまらないコメント、ワンパターンのコメント・・・
笑いの才能の限界が見えてしまうのです。

そうなったら、もうそのコンビの漫才は面白くありません。
勿論、ネタを磨く機会も時間もなくなるのでしょうね。

バラエティー番組で、ただワーワー喋っているだけのタレント。
そして、テレビ画面からいつしか消えていく・・・

                     ☆

スリムクラブがM-1グランプリで圧倒的人気を得て、
たちまち300本以上の仕事が入ったそうです。

さすが吉本興業と言うべきなのでしょうが、
果たして、本人たちにとって喜ぶべきことなのでしょうか。

せっかく苦労して才能を磨いてきたのですから、
スリムクラブよ、漫才コンビとしてどうか長生きしてね。
余計なお世話かもしれませんけど。 (笑)

                     ☆

父ちゃんの好きな漫才コンビを紹介させてくださいね。
暇な時に(いつもですけど・・・)、動画を見て笑っています。

「サンドウィッチマン」に大笑い 

歴代のM-1チャンピオン漫才コンビの中でも、
父ちゃんのイチオシは、「サンドウィッチマン」

スポイルされることなく、ネタに磨きがかかっています。
もしお暇なら、どうぞ覗いてみて下さい。 笑えます!

Sanndo

Youtube_4  《サンドウィッチマン 花嫁の手紙》
http://www.youtube.com/watch?v=H4C04cqqD2Q

                     ☆

                     ☆

2010_0717_154048img_5368
アハハと笑っていれば、ツミは無いですよね。

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年12月12日 (日)

織田信成選手は一児のパパ!

フィギュアスケートの織田信成選手は、
織田信長の末裔だそうですね。

スポーツ紙などでは、彼のキャッチフレーズになっています。

織田信長と言えば『戦国の覇王』で、峻烈、怜悧、非情なカリスマ ・・・
どうもイメージのギャップが大きくて、なんかコント的に響くのですが。

余計なお世話かもしれませんが、
『織田信長の末裔』 のフレーズは、彼のイメージ作りにとって、
あまりプラスに作用していないのではないでしょうか。(笑)

Tc1_search_naver_jp   D0089993_19155289
                       「泣き」の信成クン


織田信成選手の魅力は、

演技(殊にジャンプ)の切れ味もさることながら、
何と言っても、郷愁を誘うような風貌でしょうね。
それと時折やらかす、「ヘマ」「ドジ」のニクメ無さでしょう。(笑)

まあ、愛すべきキャラですね。
見ていて飽きません、ホント。

と言っても彼は、
日本を代表するようなスポーツ選手の一人なのです。
負けず嫌いの闘志は並々ならぬものが有るようです。

その闘志をコントロール出来なくて、
負けた時に大泣きし、クシャクシャに風貌が壊れたときなどは、
「卓球愛ちゃん」の幼いころを思い出してしまいました。(笑)

まあ、愛すべきキャラですね。
「男なら泣くなよ」と、つい声を掛けたくなってしまいます。・・・

そんな織田選手が、このごろ大人っぽくなってきました。
風貌や演技にも、大人の艶が出てきました。
どうやら、彼の身辺に大きな変化があったようです。

                   ☆

織田信成選手に、なんと子供がいた! 

織田信成選手は今年の4月に、学生の身ながら結婚。
10月には第1子が誕生していたそうです。
(誰です? 月数計算してるのは)

奥さんは中学時代の同級生とか。
例の飲酒運転での不遇時代も、献身的に支えたのだとか。(ホロリ)

子供は男の子だそうです。(良かったね)
信成くん、ヤルもんだな~! (思わず頬が緩みます)

そう、織田信成選手はパパだったのです。
なんか、スッゴク意外な感じなのですが・・・
パパになったからには、妻子のためにも頑張らないとね。

織田選手は、
「結婚したからには、もう泣かない!」 と強く誓ったそうですよ。

そりゃあ、妻子が出来れば、人間変わるワ~~

                   ☆

そして遂に、
パパになった織田信成選手は頑張ったのでした!

グランプリ(GP)ファイナル (12/10~11 北京)
ショートプログラムで、なんと今期世界最高得点!

Oth1012102139021p2  Oth1012102139021n1
         今期世界最高得点で、気を吐く織田選手

高橋大輔選手の人気・実績の影に隠れて、
このところ二番手に甘んじていた感のある織田信成選手ですが、
この日は違いました。 輝きました!

王者・高橋大輔選手が練習中の事故で精彩を欠いたのに対して、
織田選手は初優勝を狙って、リスクを伴う道をあえて選び、
初めて4回転ジャンプに果敢に挑戦して成功。

3回転との連続で、今季世界最高得点をたたきだしたのです。

ジャンプ以外のスピン、ステップも流麗で力強く
圧倒的といってもいいぐらいの、完璧な演技だったように思います。

ヤルときはヤル!
パパになるって、スゴイことなんだ!

グランプリファイナルで、日本男子初の金メダルが期待されました。
翌日のフリーを無難にこなせば、ほぼ確実だったのです。 が・・・

Rtr201012080040 Rtr201012110029
                              アッチャ~!

フリーでは、残念ながら得意のジャンプでミスを連発
やっぱり、フリーは弱いのネ、嗚呼。
それでも総合2位銀メダル、表彰台に立ちました。 (まずは、立派!)

今後一層の、メンタル強化が大切ですね。

小塚崇彦選手など若い選手の台頭が目覚ましいだけに、
織田信成パパ、頑張れ! 

奥さんとお子さんを、どうぞお大事に。

                   ☆  

※ 参考までに 

グランプリ(GP)ファイナル 日本人成績
   【男子】             【女子】
2位 織田信成        3位 村上佳菜子
3位 小塚崇彦        4位 鈴木明子 
4位 高橋大輔        5位 安藤美姫

                   ☆

                   ☆

2010_1212_161305img_7276
 父ちゃん、風邪が治ってよかったね。 アンガト。

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

福島千里さん、ヤッタネ!

Oth1011251943027p13 


福島千里さん、アジア大会を盛り上げましたね。

アジア大会がこんなに話題になったことって有ったかな~
今までの大会は、スポーツニュースで結果報告ぐらいだったような・・・

今回の広州大会は新聞もテレビも、賑やかに取り上げていますね。
元気の無い日本に、元気と活力をいっぱいくれました。

話題の中心は、何と言っても福島千里さんでしょう。
陸上100M走、200M走でアジアの頂点に立ちました。

100M走金メダルは、実に11大会(44年)振りの快挙なのです。
大和(やまと)ナデシコ、ここにあり!

                    ☆

オリンピックの華、陸上の華と呼ばれる短距離走は、
身体能力的に、日本人には不得手とされてきました。

そんなハンデをものともせずに、福島さんの力走が実ったのです。
なんとも力強い走りでした。
200M走などはアジア女王の貫禄充分、圧倒的なレースでしたねェ~

さぞや、並々ならぬ修練をなさったのでしょう。
おヘソの周りの田の字の腹筋、あれはタダゴトではありません。

福島千里さんといえば、北京オリンピックの女子100M走で、
ヘルシンキ以来56年振りのオリンピック出場を果たしましたよね。

世界となると、まだ壁は高いようです。挑戦は続きますね。

先ずはアジアの女王、オメデトウ!
次に目指すはオリンピックのファイナリスト、夢が広がりますね。

Oth1011251943027p7_2
   オメデトウ!  屈託の無い、無心の笑顔が素敵ですね~

福島千里さんの笑顔に、思わず頬がゆるみます。 

福島さんの魅力は強さだけではありません。
談話や笑顔からうかがえる、人柄の良さが素敵です。

訥々(とつとつ)と話しながら、屈託の無い笑顔 ・・・
福島さんがテレビ画面に登場すると、思わず頬がゆるみます。

(大変失礼ながら)
元気で、頑張り屋さんで、素直で、いい子だな~
まあ、そんなところでしょうか。 孫自慢の爺ちゃんみたい。(笑)

                    ☆

Osk201011250127      2010_0102_131118img_2203

福島千里さんにかぎらず、
結果を出した直後の、スポーツ選手の無心の笑顔はいいですね~

努力が報われて良かったね、と思わず声を掛けたくなります。
今回のアジア大会では、そんな笑顔が沢山有りました。

笑顔をありがとう、って言いたいですね。
悔しい思いをした選手には 「次こそ笑顔で」、って応援したいですね。

勿論、スポーツだけではありません。
若い人たちが何か目標を持って、頑張る姿はみんな素敵です。

こんな若い人たちの笑顔や頑張りを、
『政治』 は決して踏みにじってはいけません。 菅さん、解りましたか?

                    ☆

                    ☆

2010_1126_175550img_7095
 たらいま~ (チッコ散歩して、スッキリした次郎たん)

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

『女が嫌いな女ランキング2010』

Tky201005100377   
   今や民主党(小沢派)若手のホープ

『女が嫌いな女ランキング2010』 (週刊文春11/18号)

堂々の1位は、なんと谷亮子さん!

週刊文春では今年度より調査方法を一新、
調査対象を広げて、より公正を期したのだそうです。

その結果、
昨年の圏外からいきなりトップに踊り出たのが谷亮子さんでした。
参院選の出馬騒動が大きく影響したようです。

2位以下にも有名女性が名を連ねていますが、
谷さんを含めて妥当な評価だと、ネット上では好評(?)のようです。(笑)

恐らく 『男が嫌いな女』 としても、似たような結果になったのでは?

もはや「 嫌いな理由」 に、男女固有の理由は無くなっているようです。
同性のジェラシーなどではなく、
人間的に人物評価する傾向が表れているのだそうです。 (識者談)

それにしても、例え嫌われても皆さんは第一線でご活躍なわけで、
だったらこのランキングは、どんな意味を持つのでしょうね~
(いかにも週刊誌らしい、興味本位の憂さ晴らし?)

マアそれはさておいて、
ミーハー根性でチョコっと覗いてみましょう。

                       ☆

ランキング 1位~20位 

811bab8c_2 Imagesca7wmf6p    Imagescaxonz8t
※ 数字は獲得ポイント、( )内は昨年ランキング

1位   谷亮子     1296 (圏外)               
2位   沢尻エリカ   940 (1位)
3位   和田アキ子  287 (2位)
4位   久本雅美      217  (3位)
5位   蓮 舫        208  (圏外)
6位   倖田來未    162  (6位)
7位   細木数子    151  (5位)
8位   磯野貴理    132  (29位)
9位   道重さゆみ  127  (10位)
10位  藤原紀香    124   (8位)


11位. 片山さつき、12位. 神田うの、13位. 辻希美、14位. 泉ピン子、
15位.小林麻耶、16位.ベッキー、17位.西川史子、18位 浜崎あゆみ
19位 野村沙知代、20位 小林麻央 ・・・・


ランキングのポイント数を見るかぎり、
 

谷亮子さんと沢尻エリカさんが、図抜けて嫌われています。

個性が強くて一般的に嫌われる人は、
逆に個性の強さ故、熱烈なファンがいたりするものです。
(3位以下の人たちには、そんなファン層がいますよね)

でも、谷さん沢尻さんのように圧倒的に嫌われているとなると、
事態は深刻で、さぞや支持する人は極めて少ないのでは?

谷亮子さんの参院選の得票が、企業(トヨタ)と団体(柔道)の組織票だけで、
一般人からの得票がほとんど無かったことが、それを物語っています。
(どちらの組織も離れて、さぞ次回はご苦労なさるでしょう)

沢尻エリカさんに関しては、人気沸騰のマツコ・デラックスさんが、
「10年後まで珍獣を残しておくためにも、あまりいじめちゃダメ!」
などと揶揄していましたっけ。 なんとも皮肉な扱い方ですね~
揶揄した方も、珍獣っぽいけどネ。(笑)

 Imagescamhrjyr

                          ☆

実害を受けたわけでもないのに、 
人を嫌いになるのは、その人の性格に対する嫌悪感でしょう。

「性格悪~い!」 と感じるわけです。

強欲、自己中心、自己顕示欲、無反省、無節操などが、
「性格の悪さ」の一番の要因なのですが、
ランキングの女性たちからは、そう言う一面が感じられるということですね。

話題作りのための、したたかな演技なのかもしれませんけど。

マアこれとて、そのような性格(生き方)を是とする人にとっては、
憧れのような存在なのでしょうが・・・

                       ☆

嫌われてナンボ、バッシングは屁でもない?!

ランキングの女性たちは、現役でバリバリ活躍中の方々です。
「嫌われてナンボよ!」 と開き直っていらっしゃるように見受けます。

好かれる人ばかりでは、物事つまらないわけで、
と言うよりも、嫌われる人がいるから好かれる人が存在するわけで、
両方揃って初めて、物事に奥行きが出来るというものです。

芸能界、政界を問わず、彼女たちの存在意義が有るのですね。
彼女たちは、そのことを見極めているのでしょう。

ランキングを見ているうちに、
「バッシングは屁でもない」、と開き直った、
ふてぶてしい女性のランキングのように見えてきました。(笑)

                       ☆

 811bab8c_3  2010_0814_160139img_5749 

谷亮子さん、ダントツの1位のわけは?

《 主な理由 》

◆ むかしから嫌いだった。
◆ 参院選に出馬した時から嫌いになった。
◆ 現役スポーツ選手で野球選手の妻で二児の母で国会議員なんて有り得ない。
  すべてが中途半端だ。
◆ 決して自分の柔道の実力が低下したとは言わなかった。
◆ 小沢の隣でおべっか使っている姿は虫酸がはしる。
◆ 切羽詰まった世の中を理解していない。この人に「国民」と言われたくない。
◆ 素直に「両立は大変だった」と言えばいいのに、
  「柔道より政治に興味を持った」と見栄ッ張りな発言で嫌いになった。 ・・・


谷亮子さんを知らない人でも、

この 《主な理由》 を読めば、どんな人物か想像がつきそうです。

凄いバッシングですよね。

かなり彼女の人格にまで踏み込んでいますね。 根は深いようです。
でも彼女は、そんなバッシングはどこ吹く風。 
「それが、どうした?」 ってところでしょうか。

なんせフランスで、フランス人に大笑いされながらも、
あの長~い(10m)ウエディングドレスを着た度胸の人ですからね。

彼女は、生半可な人ではないのですよ。(笑)

Image17_2
      あの時は、度肝を抜かれました。

「それが、どうした?」は、ランキング女性の共通の想いでしょう。
みなさん、そのようなタマのように思います。 (笑)


《結 論》 
 

好きとか嫌いとかの主観・価値観は、人それぞれですよね。

どんなに嫌われていても、ちゃんと支持してくれる人がいるものです。
嫌われている人ほど、話題作りには秀でていますからね~
だからこそ、ランキングの女性たちの活躍が有るのでしょう。

みなさん、逞しいですね~

さてさて、週刊文春のこのランキングは何なんでしょうね。
たんなる読者の憂さ晴らし? まあ、そんなところでしょうか。

企業にとっては、CMの起用なんかの参考になるのかも。
いずれにしても、大した意味は無さそうです。

文春さん、ご苦労さま。

                       ☆

                       ☆

2010_1123_221409img_7087
    リンゴ狩りの疲れが出まして、まあ、年なもんで・・・

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

白鵬 『後の先』 成らず

Mrt1011152316007n1
        闘志満面の稀勢の里


稀勢の里、お見事!

横綱白鵬が連勝記録を重ねていくうちに、
記録を止めるのは、せめて日本人力士であってくれ、
と秘かに願っておりました。

外国勢に、押されっぱなしですものね。

一方の気持ちでは、真摯に精進に励む白鵬に対して、
何とか勝ち続けて、大記録を達成して貰いたい、
という想いも有ったのですが・・・

でも、ついに『その日』がきましたね。
記録はいつか止まるもの。 止めたのは日本人力士でした!

大横綱双葉山の記録は、神の領域のごとく、またもや遥か遠くへ。

放駒理事長(元大関・魁傑)は、
白鵬は受けに回った。きょうは稀勢の里を褒めたい。
怖がらずに攻めたのが良かった、と稀勢の里の奮闘を称えたそうです。

稀勢の里、大金星お見事! やりましたね。

さりとて横綱白鵬、
連勝が止まったとは言え63連勝、大横綱の証しです!

111501  Mrt1011152316007p3
    大記録の夢破れた瞬間!         アリャリャ       どや!

111502
 ↑ ウム、終わったか・・・                  アッラ~、まあ~

                       ☆   

                       ☆

白鵬の連勝ですっかり有名になったのが、
『後の先(ごのせん)という言葉です。

『後の先』は、
武道や将棋・囲碁など勝負事で、行動を起こすタイミングを言う言葉です。

立ち合って、先ず相手に先制攻撃をさせておき、
そのとき瞬時に、相手の気力・体力・戦法を読み取って、
相手の先制を気迫で跳ね返し、最も有利な戦法を組み立てるわけです。

これはあくまでも戦法ですから、ただ後手に回るのとは違います。
つまり勝負の流れで、最初から既に相手を飲みこんでいるのです。
『後の先』と呼ばれる所以ですね。

どのような攻撃にも対処できる実力と、冷徹な判断力が必要ですが、
実力と気迫に優れた者には必勝法なのです。

515zqpd14pl

大相撲でこの 『後の先』 を徹底したのが、
69連勝の偉業を達成した 横綱双葉山 だと言われています。

当時は年2場所制だったのですから、3年間勝ち続けたわけで、
実力もさることながら、精神力の持続は凄い!の一語に尽きます。

あらためて、横綱双葉山の偉大さを想います。

横綱白鵬も、連勝記録を重ねていくうちに
双葉山の 『後の先』 を意識するようになっていったのだとか。

でも稀勢の里戦では、立ち合った後に怯(ひる)みが出ましたね。
慌てました。 いつもの白鵬らしくない、後手後手のバタバタ相撲でした。

「勝ちを意識してしまった」 と自身で語っています。
『後の先』戦法が、いかに強い精神力を要求されるか解ります。

こころに迷いが有ると、
相手に先制させているだけに、そのまま攻め込まれるのです。

九重親方は
連勝というのは、いつかは止まる。
白鵬はまだ若いし、ほかの力士との差もある。まだまだ時代は続く。
と言い切って、新たな奮起を促していました。

どうか心を磨いて、白鵬よ、更なる大横綱の道を歩んで下さい。

                       ☆

Cocolog_oekaki_2010_10_28_11_06

『後の先』 は、口喧嘩でも応用できそう・・・(笑)  

喧嘩では、
先ず相手に一発殴らせておいてから、その後一気に攻勢に出る。
相手はだいたい怯(ひる)みます。 喧嘩上手の 『後の先』 です。

口喧嘩では、
相手に喋らせるだけ喋らせておいてから、その後一気に攻勢に。
相手はだいたい黙ります。

夫婦喧嘩でも、応用なさってみてはいかがでしょう。
(但し、上手くいかなくても責任はとれません。念のため。)

喧嘩だけでなく、
交渉事のあらゆる局面で応用できそうですね~
でも、自分に自信がなければ逆効果になってしまいます。

                      ☆

国の外交なんかも、『後の先』で。

中国やロシアにやられっぱなしの外交ですが、
菅内閣は逆転、一気に攻勢に・・・ てなことは、無いよな~weep

                      ☆

                      ☆

2010_1116_153945img_6935
   おやつのビスコ   父ちゃん、早く 「ヨシ!」 と言ってよ。

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

京都・大原・ベニシア流

2010_1110_152951img_6900
     ハーブ研究家のベニシアさん

朝のテレビ番組、NHK「あさイチ」(11/10)で、
京都・大原に住むハーブ研究家・ベニシアの暮らしが紹介されました。

BS放送でもシリーズで紹介番組が有るそうですから、
ベニシアさんの田舎暮らし、ずいぶんと人気が有るのですね。
※ BShi、BS2 『猫のしっぽ カエルの手 京都大原 ベニシアの手づくり暮らし』

2010_1110_153009img_6902
     ベニシアさん一家が暮らす、築100年の古民家


ベニシア流 田舎暮らし
 

「田舎暮らし」が秘かなブームのようです。
「物」に溢れた都会生活にストレスを感じる人が、結構いらっしゃるのだとか。

たしかに今はストレス社会、「癒し」が生活の大きなテーマになっています。

「物」で癒されるのには限界がありますから、「自然」と共生して、
慎(つつ)ましい物の中で暮らす田舎暮らしに憧れるのでしょう。
「自然」から受ける癒しは、何物にも代えがたいですものね。

田舎へ移住するには、それなりの事情が整わないと無理ですが、
都会に居ても、ガーデニングや家庭菜園などで 「らしさ」 を楽しめます。

ガーデニングや家庭菜園、凄い人気ですよね。
日曜日の住宅街なんかを歩いていますと、
鍬(くわ)やシャベルで、仲良く汗をかいてるご夫婦をよく見かけます。

「物」の豊かさから「心」の豊かさへ、時代はシフトいるのでしょう。

そんな「心」の豊かさを求めて田舎暮らしに憧れる人たちにとって、
ベネシアさんは、どうやらお手本のような存在らしいのです。

2010_1110_153127img_6903  Pic_dvd_ss01_02

2010_1110_153256img_6907  2010_1110_153144img_6904 

田舎暮らしで一番大切なことは、手間を惜しまないことだそうです。
手間を惜しんでいては、田舎で暮らしていけないのです。

ただ、のんびりと静かな環境で暮らしたい、という想いだけでは、
すぐに行き詰ってしまうのだそうです。
それなりに覚悟が必要ということでしょうね。
「手間を惜しまない」は、ガーデニングや家庭菜園でも同じですけど。

不自由、不便を楽しんで、
積極的に乗り越えていく気持ちが大切ということ。
案外、ノンビリとしていられないみたいですね~ (笑)

ベネシアさんの「手間を惜しまない」は、ハンパじゃないです。
200種のハーブや野菜は無論ですが、パンやジャム、お茶などの食品から、
身の回り品、日曜品(ハーブ洗剤、化粧品なども)全てが手作りなのです。

自然の恵みに感謝して、手間を掛けて使わせてもらう・・・
これが、ベネシア流と呼ばれる所以のようですよ。

101114s_03  101114s_02_3  

51mrrqciqfl__ss400_  51xfsihfrul__ss400_

2010_1110_153001img_6901  2010_1110_153245img_6905 
       築100年の家に、英国風の調度が不思議に調和します。


ベネシアさんは、英国貴族のお姫様
 

ベネシアさんは英国出身です。 実家は、英国の由緒ある貴族。

ベネシアさんの暮らし振りからは、
英国上流階級特有の「慎ましさと華、品格」が窺えます。
きっと、これが人気の秘密なのでしょう。

いったい、どういう経路で
京都の山里(大原)での田舎暮らしをすることになったのでしょうね。

2010_1110_153249img_6906

ベニシア・スタンリー・スミスさんは1950年、英国に生まれました。
生家は由緒有る貴族の家でしたが、
幼少時に両親が離婚、家庭的には恵まれなかったといいます。

名門女学校を終え、社交界にデビューする19歳のころに、
貴族社会に疑問を持ち、イギリスを離れる決意をするのです。

インドを旅して暫く生活した後、71年に来日しました。
来日してから東京や岡山などを転々として
不思議な巡り会わせで、京都大原の古民家に暮らすようになったそうです。

78年から京都で英会話学校をはじめ、
現在の「ベニシア・インターナショナル」を設立。

大原に移住してからハーブガーデンを作り始め、
ハーブ研究家として知られる一方、手作りの暮しを実践してきました。
子供たちは既に独立して、孫も二人いるそうですよ。
ちなみに、ご主人は日本人(写真家)です。

                    ☆

私のような凡庸な人生の者には、想像しかねる人生ですね~
なんと波瀾に満ちていることでしょう!

日本が、終(つい)の棲家になったのですね。
感性の相性が、きっと良かったのですしょう。(解る様な気が・・・)

ベネシアさんが多くの人を惹きつけるのは、
きっと、彼女のこうした波瀾の人生も影響しているのでしょうね~

20090904151433

                    ☆

最後に、ベネシアさんが「靴」について書いた小文をご紹介します。
彼女の 『物』 に対する想い、考え方がよく窺えますよ。


『自分にピッタリの靴』
 

世界のどの地域でも私たち人間の先祖は
まず足を保護して、暖かく保つための靴を作りました。

当時の靴職人は、生皮や編んだ草でサンダルを作り、
木をくり抜いたり、なめし皮や毛皮・フェルトを縫って靴を作っていました。

私は子どものころ足幅が狭く、偏平足だったので、
サイズがぴったりの靴を探すのが大変でした。
そこで母は、靴職人に特製の靴を注文してくれました。

その靴は履き心地も良く、私の足を丈夫にしてくれました。

今でも私は、靴は買うよりも特別に注文した方が得だと思います。
その方が長持ちするからです。

腕の良い職人は、
ヒールや足底の付け替えが必要な時も、喜んで修理してくれます。
靴がきつくなった時には伸ばしてくれます。

健康で丈夫な足なら歩くのも平気 。
この足が、日々私たちに人生を歩ませてくれるのです。

                    ☆

                    ☆

そう言えば、このごろ時々、手作り靴屋さんを見かけますね。
履き易いのだろうな~ でも、お高いのだろうな~think

2010_1111_153929img_6916
     コタツにもたれて・・・  ちゃんと横になって寝たらァ

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
                                    
またのご縁、お待ち しております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

海老サマの結婚式

Stt1007301138002p2
           海老サマ嬉しそうですね~

どんだけ盛り上げれば、気が済むの? 

さすがに、歌舞伎界プリンスの結婚式だけのことはありました。
市川海老蔵とフリーアナウンサー小林麻央の結婚式です。
いやはや大したものでした。

実況報道も、ゴールデンタイム2時間半のブチ抜き(日テレ系)で、
「超大物有名人1000人の招待客が祝福」したそうで、
費用総額、なんと5億円の超豪華だそうで、ケーキの高さが2メートル。
ご祝儀が推定2億円?
どんだけ盛り上げれば気が済むの、って感じです。

でも、このデフレ緊縮の世の中で、
こんな馬鹿馬鹿しいほどのバブリーな話題は、
一服の清涼剤(イヤ、造血剤かも)ですね~

別に「おめでとう」って気持ちは無いのだけれど、
珍しい物見たさ、野次馬根性でチラリチラリと実況を見ておりました。
「ま、どうでもいいのだけれど…」 と言いつつ見ておりました。

そのうち、海老サマが新婦麻央サマへのプレゼントのために、
ベトナム辺りへ『ルビーの原石』を掘りに行った映像が流され、
あほらしくて見るのをやめました。

Tnr1007300602001p10
           披露宴の料理だそうです。 

母ちゃん、怒り出しました! 

母ちゃんは真剣に見ておりました。
知人から、「海老蔵の結婚式やってるわヨ」 とわざわざメールが入って、
かなり「リキ」を入れて見ておりました。

そのうちブツブツ言いながら、独り怒り始めました。
「どうしたんだ?」と聞くと、「麻央が可哀そうだ」と言うのです。
どうやら、ベトナムへルビーを掘りに行くときに、
海老サマは麻央サマに嘘をついて出かけたらしいのです。
サプライズで驚かそう、という意図だったのでしょう。

でも、母ちゃんは怒りました。
ただでさえアブナイひとなのに、結婚前に嘘をつくなんて。
理由はどうであれ、嘘でだまされた麻央が可哀そう。
君のために、ベトナムへ行ってくるよ、ってちゃんと言えばいいのよ!
こんなひとは、結婚しても平気で嘘をつくわね。
こんどはルビーじゃなくて、オンナね。 ああ、可哀そう!

怒っているのはソコカヨ~
相変わらず、我が母ちゃんはユニークだと思いました。

Tnr1007300031000p4
  さすが、歌舞伎役者の「流し目」ですね~

記者会見で、
毎日、君のことが好きだとおっしゃってるようなんですけれど、
麻央さんは家ではなんと返してるんですか。
麻央 (照れながら)ありがとうございますって言います。 (ご勝手に!)

さて海老サマの結婚式で、もう一つの話題 
前原大臣、大丈夫?

Tnr1007300602001p32  

歌舞伎役者の結婚式に、こんな粋な正装で来られたら、
この人も、きっと名の有る役者さんだろうな~と思ってしまいます。
ところがどっこい、よくお顔を見ると役者の色気が無い。
それもそのはず、今をときめく前原誠司大臣でした。

それにしてもキマッテますね~
大分前から、「なに着て行こうかな~」と熟慮されたのでしょう。
ご本人もご満悦の表情です。

さて前原大臣が、海老サマ・麻央サマの結婚式で浮き浮きしている時に、
民主党本部はテンヤワンヤの大騒でした。
その様子を、産経新聞より。

                   ☆

前原誠司国土交通相が、29日の民主党両院議員総会を欠席し、
市川海老蔵さんと小林麻央さんの結婚披露宴に出席していたことが分かった。

前原氏は30日の記者会見で、冠婚葬祭は極めて大事なセレモニーだ。
両院総会が決まる前に招待状を貰っており、鏡開きをする話もあって優先した。
社会通念上、どちらを優先するのかを政治家は判断する。
批判は甘んじて受ける、と開き直った。

だが、両院議員総会は先の参院選大敗を総括する重要な場だった。
前原氏は菅直人内閣の主要メンバーである上、党代表の経験もある。
参院選で多くの仲間が討ち死にした。
その総括の場を欠席する前原氏の『軽さ』にはがっかりだ。(若手)
と前原大臣に対して冷ややかな声も…。

                   ☆

さて、甘んじて受ける程度の批判で済むのかどうか。
この人、こう言っちゃあ何ですが、軽い印象を拭えません。
党代表を降りた時の、あのショボイ事件、今も尾を引いているのでしょう。
懲りないと言うか、大事にされているのなら、もうちょっとシッカリしてね。                     


次郎たん、寝てるしかないのだ~
 

今日の外の暑さといったら、ハンパナ~イ!
いつもなら、いろいろお出かけしてたのに。
父ちゃんも次郎たんも、グッタリ家で寝てばかりです。

2010_0731_124109img_5501
            父ちゃん、シドイ夏ですね~

2010_0731_074200img_5498
次郎たん農園で、カボチャが実をむすんだよ。
収穫が楽しみです。

                            dog じゃあ、またね

                           にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
                                    またのご縁、お待ちしております。

| | コメント (4) | トラックバック (1)